黒幕亭劇場 製作ブログ 「黒の巣」

どーでもいい事を書き連ねたり、自作フリーゲームの製作状況などを報告する落書き帳。

WBC1次リーグ・ブラジル戦。

侍ジャパン白星発進! 八回に一挙3点、ブラジルに逆転勝ち/WBC
http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130302-00000546-sanspo/

3月末のニコフェスに間に合わないから必死でツクツクしてたけど、WBCの中継始まって集中力が一気に飛んでしまいました!だーめだこりゃ\(^O^)/

そんなわけで結果は5-3で侍JAPANの勝利……と、格下のブラジルが相手なだけに、数字だけ見れば順当な結果のようにも見えるのですが…1回にいきなり先制点を奪われ、日本が勝ち越すもまた逆転を許すなど、非常に厳しいシーソーゲームとなってしまいました。ブラジル相手にこれほど苦戦するようでは、今年の優勝はかなり厳しいかもしれません……。

ただ、収穫もありました。リリーフ登板した阪神の能見投手と西武の牧田投手が凄い安定してるように見えました。先発陣が無失点で耐えてくれれば、後ろはしっかり抑えてくれそうなので期待したいところです。

何はともあれ、頑張れニッポン!

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/03/02(土) 23:10:58|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侍ジャパン。

斎藤佑樹が侍ジャパン選出!メジャー組ゼロ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121106-00000529-sanspo-base

何ゆえ今年の後半戦を殆ど二軍で過ごしたハンカチ王子を選んだ(客寄せとして選んだのなら本人にも他の選手にも失礼な気がするが……)のかはともかくとして……。

来年に行われるWBC日本代表に選ばれるであろう侍ジャパンのメンバー候補が選出されました。(※あくまで候補であり最終決定ではありません。)残念ながら今回はメジャーリーグに在籍する選手の大半がFAやチーム事情で出場が難しく、また日本でもエースや四番を背負える選手が次々と怪我などで離脱するに至ってしまい、これまでの大会と比べるとやや迫力に欠ける構成となっています。

選出メンバーは以下の通り。

【投手】
沢村拓一、西村健太朗(巨人)、大野雄大(中日)、村中恭兵(ヤクルト)、大竹寛、今村猛(広島)、筒井和也(阪神)、山口俊、加賀繁(DeNA)、斎藤佑樹(日本ハム)、涌井秀章(西武)、森福允彦、大隣憲司(ソフトバンク)
【捕手】
阿部慎之助(巨人)、中村悠平(ヤクルト)、炭谷銀仁朗(西武)、嶋基宏(楽天)
【内野手】
井端弘和(中日)、松田宣浩(ソフトバンク)、坂本勇人(巨人)、堂林翔太(広島)、筒香嘉智(DeNA)、本多雄一(ソフトバンク)
【外野手】
糸井嘉男(日本ハム)、長野久義(巨人)、大島洋平(中日)、秋山翔吾(西武)、T-岡田(オリックス)、角中勝也(ロッテ)

今までと比べるとベテランが少なく、その殆どが20代の若手選手で構成されているのが特徴です。しかし、打撃陣では西武の中村選手や日本ハムの中田選手が怪我で離脱中であり、ホームランを期待できるパワーヒッターが阿部選手や松田選手、T-岡田選手くらいしかいないのが気になるところ。投手陣に至っては絶対的エースがいないのが不安材料でしょうか。あえて言うなら西部の涌井投手が該当するんでしょうが、今年の彼は乱調で打ち込まれて二軍に落ちた経緯があり、後半戦は抑えとして活躍しましたがエースに返り咲けるかは少々疑問が残ります。沢村選手やCSで好投した大野選手など、若い投手の覚醒に期待したいところです。

国際強化試合のキューバ戦が今月の16日と18日に行われます。ここで新生侍ジャパンのお披露目という事になりそうですが……果たして結果は如何に?
  1. 2012/11/07(水) 23:43:02|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引退試合。

阪神・金本、引退試合で1安打! 足でも魅せた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121009-00000517-sanspo-base

金本選手、お疲れ様でした!
球場には行けなかったけど、中継で試合見てたよ!
盗塁凄かった!
今まで日本球界を盛り立ててくれてありがとうございました!
  1. 2012/10/09(火) 20:49:21|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7年ぶりの…。

グリーンバーグ7年ぶり「立ち上がった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121003-00000055-nksports-base

アメリカのメジャーリーグでの心温まるお話。

今から7年前、アダム・グリーンバーグという新人選手がカブスの一員としてメジャーデビューを果たしました。ところが彼の身に悲劇が起こります。初打席の第一球。対戦相手マーリンズのピッチャーが投げた148km/hの直球はグリーンバーグの後頭部に直撃してしまいます。

これが彼の転落人生の始まりでした。病院に搬送された彼はやがて、死球の後遺症で激しい頭痛や視覚障害に苦しめられる事になります。現役の続行は無理と判断され、カブスとの契約は解除。たった一球のデッドボールによって幸せの絶頂から不幸のどん底に叩き落されてしまったのです。

しかしグリーンバーグは諦めませんでした。後遺症に苦しみながらも野球をやめる事はなく独立リーグに所属、今年はイスラエル代表としてWBCの予選にも出場するなど活躍を続けました。全てはもう一度、あの華々しいメジャーという大舞台に復帰し「次は打席ではなく打数を数字に残す」為に。

そんな彼の復帰意欲を知った因縁の相手、マーリンズは謝罪の意味も兼ねてグリ-ンバーグに1日限りの契約を申し出ました。こうして彼は初打席より実に7年と85日ぶりにメジャーの舞台へと舞い戻る事ができたのです。

そしてやって来た先日10月2日(日本時間10月3日)、マーリンズ対メッツの試合。3点リードの6回、先頭打者で代打出場した彼は今年既に20勝を上げているナックルボーラー、R・A・ディッキー投手との対戦を果たします。その結果は三球三振。不規則に動くナックルボールの前に手も足も出ませんでした。しかしそれでも彼は満面の笑みを浮かべ打席を去ります。事情を知る選手や観客は皆総立ちでベンチに戻る彼を祝福して迎えたそうです。

後にグリーンバーグはインタビューでこう答えています。「人生にはカーブが来るときもあれば、僕みたいに後頭部へ92マイルの速球が当たることもある。でも僕は立ち上がった。自分の人生は素晴らしい。」

メジャーリーグってこういうニクい演出があるからなんかいいよネ!
  1. 2012/10/04(木) 19:15:08|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開始二秒。

【衝撃サッカー動画】
これってアリ!? 世界最短の早さで決まったゴールが話題に!
http://rocketnews24.com/2012/09/30/251924/

ベオグラードで行われたアマチュアサッカーの試合で、とんでもない記録が生まれました。キックオフから開始わずか二秒でゴールが決まってしまったというのです。一部のネット上ではこの瞬間を捉えた衝撃映像が話題になっているようです。

リンク先には動画も添付されてるんですが……。これはまぁ凄いw
サッカーのルール上は全く問題ないんだそうです。日本でも見てみたいなぁ。
  1. 2012/10/01(月) 23:47:52|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

カウンター

プロフィール

Hira@黒幕

Author:Hira@黒幕
黒幕亭劇場の管理人やってます。

こっそりRPGツクールで作品製作中。

最新記事

カテゴリ

あすなな (138)
Evalice'Saga (55)
ツクール素材/マップチップ (12)
ツクール素材/キャラチップ (28)
頂き物 (3)
読み物 (4)
耳コピ (3)
お絵描き (2)
紅白RPG合戦 (12)
三面記事 (117)
スポーツ (21)
気象・天文 (14)
雑記 (60)
未分類 (1)

最新コメント

Flashリバーシ

by Orfeon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示