黒幕亭劇場 製作ブログ 「黒の巣」

どーでもいい事を書き連ねたり、自作フリーゲームの製作状況などを報告する落書き帳。

児童ポルノ禁止法改正案。

児童ポルノ法改正に反対声明=日本雑誌協会、日本書籍出版協会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000129-jij-soci

5月29日、自民・公明・日本維新の会の3党は、衆院に「児童ポルノ禁止法改正案」を共同提出しました。これは現行法で規制されていない「児童ポルノの単純所持を禁止」し、「自己の性的好奇心を満たす目的」での所持に1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科すものです。これで児童のエロ画像やDVDなどを規制しようとしているようなのですが……。

この法案、かなり穴だらけで各方面から一斉に反対意見が上がっているのはご存知でしょうか?

「児童を守る為の法案だから正しい!反対する連中は反社会的な犯罪予備軍だ!」などと考える人もいるかもしれませんが、これは大きな間違い。事はそんな単純な話ではないのです。

例えばこの法案、そもそも「児童ポルノ」がどういうものか明確な定義がされていません。つまり本人が児童ポルノだと思っていなくても、警察が「これは児童ポルノだ」と認定してしまえば簡単に所持者を逮捕できるのです。更に条件としての「みだりに」「性的好奇心を満たす目的で」などの規制基準も非常に不明確。現場の判断次第でシロにもクロにもなってしまう恐れがあるのです。極端な例を挙げると、「家族でプールに行って写真を撮影」→「ブログで写真公開」→「偶然知らない女子児童が写真に写りこんでいた」→「警察に見つかる」→「お前はエロそうな顔してるから下心があったに違いない、逮捕だ!」なんて事もあるかもしれません。

しかもそれだけではなく、この法案は「漫画」「アニメ」にも効果を及ぼします。実在の人物でなくとも、対象が児童であれば違法になる可能性があるのです。これも例を挙げると「ドラえもん」で度々出てくる「しずかちゃんのお風呂シーン」や「となりのトトロ」のメイとサツキのお風呂シーンなどがヒットします。古いもので言えば「巨人の星」でもお風呂シーンが出てくるなどでアウトになるかもしれません。もちろんこれらもセーフになる可能性も残されてはいますが、やはり規定が曖昧である為に現場の判断に左右される事になり非常に危険です。

かつて地上波では「北斗の拳」のような過激な描写のあるアニメが普通に放送されていました。しかし現在ではそういったエロorグロアニメは深夜枠でしか放送できません。となると、今回の法案が通れば更に締め付けが厳しくなり、水着シーンやお風呂シーン、ちょっとエッチなシーンがあるだけでも深夜枠に追いやられたり場面を自粛されたり、最悪放送できなくなる可能性すらあるわけです。となれば、それらのアニメDVDも発売できなくなる可能性すら出てくるかも?

そういった理由で漫画やアニメ業界もこの法案については注意深く経過を伺っているようです。場合によっては表現の自由が失われ、これまで培われてきた漫画文化が破壊される恐れもあるわけで……難しい話ですね。個人的には架空の人物に対する規制の部分は考え直してもらいたいと願っていますが……どうなることやら。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 23:45:58|
  2. 三面記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型リニア。 | ホーム | トランク。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asunana.blog.fc2.com/tb.php/315-3da84e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

Hira@黒幕

Author:Hira@黒幕
黒幕亭劇場の管理人やってます。

こっそりRPGツクールで作品製作中。

最新記事

カテゴリ

あすなな (138)
Evalice'Saga (55)
ツクール素材/マップチップ (12)
ツクール素材/キャラチップ (28)
頂き物 (3)
読み物 (5)
耳コピ (3)
お絵描き (2)
紅白RPG合戦 (12)
三面記事 (117)
スポーツ (21)
気象・天文 (14)
雑記 (60)
未分類 (1)

最新コメント

Flashリバーシ

by Orfeon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示