黒幕亭劇場 製作ブログ 「黒の巣」

どーでもいい事を書き連ねたり、自作フリーゲームの製作状況などを報告する落書き帳。

あの後のお話。(あすななからEvaliceSagaへ)


その空間は瘴気に覆われていた。
破壊された魔笛より内包されていた大量の瘴気が溢れだしていたのだ。
この濃度は尋常じゃない。
これは毒だ。
生きとし生けるものを殺す害悪でしかない。
力尽きその場に倒れた賢者の子孫の男は微動だにしない。
その傍らで聖剣の勇者たる少女は涙を流し絶望に打ちひしがれていた。

彼女の嫌な予感は的中した。
このまま放置すれば濃密な瘴気はこの空中宮殿"堕ちた聖域"より漏れ、
外の世界…"人間界"に甚大な被害をまき散らすことになるだろう。

"魔界"の住人たる彼女にとっては関係ない事なのかもしれない。
だが、彼女はそれを看過する事は出来なかった。

「安心せよ、アリア。
 世界は滅ぼさせはしない。
 我輩に任せるがよい。」
「ドロシー?
 ……何をする気なの?」

不安そうなまなざしを向ける少女に、彼女は歩みを進めながら語り掛けた。

「……久しぶりの人間界は思ったより居心地が良く、
 それでいてどこか懐かしいものじゃった。
 我輩の無二の親友たち。
 アストリアやメルティナ、それにウィゼル。
 300年前、魔王という絶望に立ち向かい、
 彼らがまいた希望の種はどのように育ったのか。
 我輩はずっと気になっていた。

 じゃが、安心したよ。
 世界はちゃんと育っておる。
 あんなにも光り輝いておる。
 我輩の選択は間違ってはいなかった。」

彼女は満足げにほほ笑むと、懐から小さな鏡を取り出した。
ハッとした様に少女は彼女を見つめる。

「その手に持っているのは"転移の鏡"!
 ドロシー、まさか……!?」
「つかの間ではあったが、楽しかったぞ。
 アリア、お主達に会えて本当に良かった。」

別れたくはない。
本当はこんな台詞、言いたくなかった。
少しでも気を緩めれば涙がこぼれ落ちてしまうかもしれない。
だが、この瘴気をどうにかしなければ目の前の少女はおろか、世界は滅んでしまう。

だから、この選択に悔いはない。
彼女は涙をこらえ、渾身の笑顔を少女に向けた。

こらぼ2

「サヨナラじゃ。
 我輩らが築いた世界の未来、お主らに託すぞ!!」
「待ってッ!
 ドロシーーーーッ!!!」

"転移の鏡"の能力を最大まで引き出し、自身を魔笛と周囲の瘴気もろとも"魔界"に飛ばす。
それが彼女が選んだ選択だった。
鏡より溢れた強烈な光は周囲を白く染め上げ、そして静寂が訪れた。

これで良い。
これで皆が助かるのであれば―――。

光の世界の中で彼女は寂しそうに笑みを浮かべ、やがて意識を失った。


***************************************************************************


長い夢を見ていたような気がする。
まぶたの外から強烈な光が差し込んで来る。

『我輩は……死んだのであろうか?
 この光はなんじゃ……?
 そうか。
 遂に我輩は"冥界"へとたどり着いたのじゃな…』

ゆっくりと意識を取り戻しつつあった。
全身の感覚が徐々に戻って来る。
なんだか体が熱い。
口の中がジャリジャリする。
鼻がむずむずする。

「ふぇっ、ふぇっ……
 ぶえっくしょーーん!!

 ペッペッ!
 なんじゃこれは、砂か!?」

盛大なくしゃみと共に彼女は完全に意識を取り戻した。
そして起き上がって周囲を見回すと、目に飛び込んできた光景に唖然とした。

「なん……じゃと……?」

そこにあるのは一面の砂と雲一つ無い青空と強烈な太陽。
彼女が生まれ育った常夜の"魔界"に青空なんかあるはずがない。

「さ……砂漠じゃと!?
 ここはどこじゃ!?」
 あ、暑い、暑すぎる!!」

叫べども周囲には人っ子一人おらず、返答が返ってくるはずもない。
直射日光が苦手な"闇の眷属"たる彼女にとって、この環境は耐えがたいものであった。
一刻も早くここから脱出せねばならない。
だが、どうやって?

「そ、そうじゃ!
 イチゴよ、おらぬか、イチゴよ!」

慌てて自身の使い魔、インプ族のイチゴの召喚を試みる。

「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん」

どっかで聞いたフレーズと共に飛び出して来た彼女の使い魔は…。
現れるや否や地面に突っ伏した。

「あーつーすーぎーるー。
 ここ、どこですかー、ご主人さまぁ~。
 変な所に呼び出さないで下さいよぉ……。」
「知らぬわ!
 お主までへばってどうするのじゃ!?
 はよ我輩を助けぬか!」
「無茶言わないで下さいよぉ。
 ワタシだって魔界の住人なんですから、直射日光は苦手なんですぅ。」

役に立たん羽虫じゃと毒づきながら、彼女は再び周囲を見回した。

「我輩は魔界に飛んだつもりであったが…。
 どうやら転移は失敗したらしいの。」
「そうですねー。
 魔界に太陽なんて聞いた事ありませんし。」
「しかも感覚がある。
 我輩は死んではおらぬようじゃ。
 となると、ここは冥界でもない。
 ……だが、この全身を覆う気だるさは何じゃ?
 この強烈な日差しもあるじゃろうが、なんか、こう違和感というか…。」

そこまで述べて、はたと気付く。

「そうじゃ!
 魔笛の欠片はどうなったのじゃ!?」
「欠片ですか?
 うーん。
 それっぽいものは見当たりませんけどー。」

使い魔は周囲を飛び回り、そう答えた。
彼女は思案する。

「となると、魔笛の欠片も瘴気ごと何処かへ飛ばされたという事か。
 じゃから我輩は助かった、と。
 これはラッキーじゃのう、ムフフフ。」
「ラッキーなのは良いんですけど、
 あんなもの放置するのはマズイですって。
 探したほうが良くないですか?」
「のう、イチゴ。
 提案なのじゃが。」

悪そうな笑みを浮かべる彼女を見て、使い魔は嫌な予感がした。

「このまま鏡を使って魔界へトンズラするというのはどうじゃ?」
「はぁ!?
 突然何を言いやがりますか、このご主人様は!」
「だってのー。
 先程の転移に魔力を使い切ってしもうたし、
 身体がだるくて動きたくないのじゃー。」
「ダメです!
 どこだか知りませんけど、この世界に迷惑をかけることになったら……。」

そこまで言いかけて唐突に。
使い魔の表情が一気に青ざめた。

「あ、あ、あ……。」
「なんじゃ、どうしたイチゴよ。」
「ご、ご主人様、う、後ろ……。」
「ああん?」

彼女が振り向くと、視線が合った。
体長10メートルはあろうかという巨大な化け物に。

「あ、どうも、コンニチワ。」

引きつった表情のまま化け物に軽く会釈すると、彼女は自身と同じ表情をしている使い魔に向き合った。
そして……。

「ぎゃああああああああああああああ!
 サンドワームじゃああああああああ!!?」
「いやあああああああああ!!
 ミミズ嫌いいいいいいいいいい!!」

使い魔は主人を置いて脱兎のごとく、一目散に空の彼方へと飛んで行ってしまった。

「待たんかあああ!
 何故我輩を置いてゆくのじゃああ、このたわけがあああ!!」


…かくして。
新しき世界"イナーシア"の南、広大な「エルグ砂漠」を背景に、
彼女と巨大な砂虫とのチェイスバトルが始まったのであった。


めでたし、めでたし?

こらぼ

スポンサーサイト
  1. 2018/04/08(日) 16:39:22|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EvaliceSaga/50年前ノ記憶②

「お願いします!助けて下さい!
 妹が、妹が高熱で苦しんでいるんです!!」
「ええい、うるさい!
 小汚いガキめ、さっさと失せろ!!」

貴族風の男は、足にしがみついてきた奴隷の少年を無造作に蹴り飛ばした。
それでも少年は諦めない。
泣きじゃくりながら、必死に周囲を歩く身なりの良い貴族達に訴え続けていた。

「お願いします、妹に薬が必要なんです!
 そのお金がどうしてもいるんです!
 どうかお恵みを!」

南の王国ハルタミア、その王都カナン。
大陸の南方に位置する、国土の大半を砂漠に覆われたしゃく熱の大地である。
この国には建国より続く階級制度が存在している。
王家の血を引く貴族は貴族街に住み、国中から集められた富を独占して贅沢な暮らしを続けている。
一方で国外より流れ着いた者や人買いに売られて来た者達は奴隷とされ、
王都東の貧民街に押し込まれて、貴族たちの手足となりひどい扱いを受け続けて来たのである。

少年イヴァンもまた、そうした奴隷の一人であった。
この国において、奴隷にまともな人権などあろうはずもない。
雇い主よりその日をやっと暮らせるだけの安い賃金しか得られない彼にとって、
重病に侵された唯一の肉親たる妹の薬代を用意するのは、簡単な話では無かったのだ。

しかし…。

「貴様…どこの家の奴隷だ?
 まだ自分の立場が分かっていないようだな?
 いいか、良く聞け。
 奴隷が何人死のうが、わしらには関係ないのだ。
 わかるか?
 貴様たちはこの王国の部品なのだ、壊れた部品は取り換えればよい、それだけの事よ。」

そう言い放つと、貴族の男は悠々とその場を去っていく。
周囲にいた人々も、汚いものでも見るかのような冷たい視線を彼に向け、背を向けた。
イヴァンの必死の訴えに、貴族達は誰も耳を貸すことは無かったのである。

そして。
彼の幼い妹ミーアは、熱病に苦しみながらわずか七年の生涯を閉じたのであった。


どれだけ泣いたかわからない。
どれだけ叫んだかわからない。
イヴァンは王都を一人飛び出し、気が付けば宵闇に包まれた広大な砂漠の真ん中で倒れ伏していた。
砂漠は魔物の住処であり非常に危険である。そんな事は重々承知していた。
しかし、彼にとってそんな事は既にどうでも良かった。
もはや生きる意味など何もないのだから。

周囲に魔物の気配を感じる。
唸り声もだんだん大きくなってきた。

「は……はは……
 ゴミクズの僕の最期にはぴったりじゃないか。
 ミーア、僕も今そっちに行くよ…。」

少年はそうつぶやくと静かに目を閉じた。
だが…。

「無事か、小僧。」

全身鎧を着込んだ男性に揺り起こされ、イヴァンは目を開けた。
周囲には魔物の死骸が大量に転がっている。
恐らくこの男がやったのであろう。

「どうして……。
 どうして助けたんだ、僕は死にたかったのに…。」
「うん?何故そんな事を考える?
 お前はまだ若い、人生を諦めるには早すぎるだろう?」

兜を目深にかぶった男の表情をうかがい知る事は出来ない。
しかしその落ち着いた言葉の端々から、彼を本気で心配している様子が感じ取れる。
この男は悪い人間ではないのだろう。
けれど…。

―何も知らないくせに―

少年は心の内より沸々と湧き上がるどす黒い怒りを、
この空気を読まない鎧男に遠慮なくぶつけた。

「僕は奴隷だ!
 妹も病気で死んだ!
 貴族共は誰も助けてくれなかった!
 もう夢も希望も有りはしないんだ!

 だから……!
 だから僕は、もう……!」
「……もったいないな。」
「えっ?」

予想外の男の反応に少年は戸惑った。

イヴァンとディー

「もったい、ない?」
「ああ。
 悔しい想いをしたんだろう?
 貴族共を見返してやりたいとは思わないのか?」
「それは……。」
「せっかくこの世に生を受けたのに、人生を諦めるのはもったいないぞ。」

そう言うと、男は少年に手を差し伸べて来た。

「俺の名はディートハルト。
 世界最強の傭兵を目指して宛のない旅を続けてる。

 行く所が無いならついて来い。
 お前にも、夢を見せてやる。」

何を言っているんだ、この男は。
夢を見せてやる?
どういう意味だろう?

でも……。
これでわずかでも現状が変わるのだとしたら…。


少年は涙をぬぐい、男の手を力強く握りしめた。


挿絵/memeso  文/Hira@黒幕

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/10/25(水) 02:09:47|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EvaliceSaga/50年前ノ記憶①

息が詰まりそうだ。
周囲の過度の期待に身が押しつぶされそうだ。

「はぁ…。」

レネースは庭園の池を囲う柵にもたれ掛かり、深くため息をついた。

イスカンダリア大学。
エヴァリース帝国の辺境都市イスカンダリアに作られた、世界で唯一の大学である。
ここでは数千年前に戦争で滅んだとされる古代人が築いた科学技術を復活させるべく、
日々多くの研究者が発掘作業や研究に勤しんでいる。

大学の研究班は大きく分けて三つの部門に分かれている。
大陸の各地に散見される古代人の遺跡を発掘、調査する「発掘部門」。
遺跡から発掘された機械類を調査・分析し、現代の技術で蘇らせる「機械部門」。
そして古代人が使用した魔術「術法」の再現を目的とする「術法部門」の三つである。

中でも機械部門の功績は多大なものであった。
近年には「熱機関」の再現に成功し、蒸気機関を発明。
これを発端として産業革命が起こり特需が発生、帝国は好景気に沸いていた。

なのに…。
レネースの顔は冴えない。
彼女が在籍する術法部門は目立った功績を上げられず、足踏み状態が続いていたのだ。
先刻も遅々として進まぬ研究成果について、教授に嫌味を言われたばかりである。

「大学の主席と言っても所詮はこんなもの。
 このあたりが私の限界なのかしら…。」

この目の前の池に飛び込んでしまえば楽になれるのだろうか。
虚ろな表情で池をじっと眺めていた彼女は、
先ほどから背後より声をかけられていたことに気づいていなかった。

「おい、聞いているのか、レネース!」
「えっ?」

振り返ると軽装兵の格好をした一人の若い男性が立っていた。
幼なじみのユリウスである。

レネとユリ


「どうしたんだ、ため息なんかついて。
 せっかくの美人がそれじゃ台無しだぜ?」
「あら、ユリウスじゃない。
 あなた、冒険者になって世界中を渡り歩いてるって聞いたわよ。
 今日はどうしたのよ、こんな辺境まで…。」
「術を扱える相棒を探しているんだ。
 今度のエモノは骨が折れそうなんでな。
 トールって知っているか?
 帝都ロマの東にある小さな街なんだが。」

行った事は無いが聞き覚えはあった。
年中大雨が降りしきる、大陸中央の湿地帯に存在する街である。

「その街の近辺で最近、住民や旅人が魔物に襲われる事件が多発してるんだ。
 そこで困った町長が報奨金を出して、魔物の討伐依頼を全国に出してるのさ。」
「そうなんだ、初めて聞いたわ。研究がすごく忙しかったから。」
「帝都じゃこの話で持ちきりだぜ?
 お前、ずっと研究室に篭っていたんだろ。

「なぁレネース。
 せっかくだから一緒に行かないか?」
「えっ?」
「高度な術師のお前が居れば心強いし、たまには外の空気を吸う事も大事だと思うぜ。
 大学が心配なら休学届けでも出せば済む事だしさ。」

彼女は困惑した。
大学を抜けて冒険者に?そんな事これまで考えた事も無かった。
しかし、確かにユリウスの言う事にも一理はあると感じた。
世界を巡る事で、新しい発見があるかもしれない。
既に心が折れかけていた彼女の心は、だんだんと外の世界へと傾きかけていた。

「うーん…そうねぇ…。
 どうしようかしら……。」


挿絵/memeso  文/Hira@黒幕

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/10/24(火) 23:30:41|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四公。

男は激高した

冒険の末、人ならざる力を手に入れた
この力で愛する祖国を変えよう
もう一度過去の栄光を取り戻そう

だが官僚達は男を冷遇した
強大な力を持つ男の存在を厄介に思っていたのだ
そしてある晩、男の胸に凶刃が突き刺さる

この国はもう手遅れだ
男は剣を手にし、立ち上がった



少年は全てを憎んでいた
奴隷として生まれた自分の境遇を
砂塵舞う生まれ育った王国を
この世の春を謳歌する貴族達を
そして妹を救わなかった世界そのものを

国を捨て長い旅の末、少年は"それ"を手に入れた
"それ"は彼の脳裏に囁く
―全てを壊せ―

少年にもはや迷いは無かった



その男は力を追い求めた
強くなりたい
俺より強い奴は必ず世界のどこかにいる

"それ"を手に入れた後も男の行動理念は変わらない
力への欲求は男を戦いの場へと駆り立て、
気が付けば遥か東の地にその姿があった

そこは血で血を洗う修羅の世界
男はほくそ笑んだ

―ここが次の戦場だ―



ごめんなさい
彼女は激しく後悔していた
"それ"が危険な物だと解っていたのに

止められなかった
内より湧き出る破壊衝動を抑えきれず、
その魔力は一瞬にして帝都を灰燼に変えた

彼女は国を去り、辺境の無人島へと移り住む
ここならば誰も巻き込まない

彼女の孤独な戦いが今、始まった
 

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/11/21(土) 01:54:00|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勇者と小さな島国の物語。(「あすなな」サイドストーリー)

むかしむかし。

西の国より新天地を求めて海に出た開拓者の一団がいました。
彼らは航海の末、豊かな自然に恵まれた小さな島を発見します。
人々はその島を「希望の島」と呼び、集落を作りました。
集落はやがて大きな町となって、母国との貿易を行い大いに栄えました。

ところが、そんな平和もある日突然終わりを迎えます。

ある夜の事。
島は突然現れた一人の魔王によって占領されてしまうのです。

「エターナル」。
それが魔王の名前でした。
魔王は恐るべき力を持っていました。
人間には扱えない「魔法」を操り、抵抗する住人達を力で屈服させました。
島の住人は奴隷も同然な扱いを受ける事となり、昼夜問わず魔王の為に働かされたと言われています。

知らせを受けた西の国の王は大変心を痛めました。
そして魔王を討伐する為、騎士団を希望の島に派遣する事に決めたのです。

騎士団を率いていたのは「アストリア」と呼ばれる若者でした。
彼は若いながらも剣術の才能に優れ、騎士団の中でも一目置かれる存在でした。
アストリアは島に到着すると、住民を開放するために魔王に戦いを挑みます。

ですが…。

魔王の力はあまりにも強大。
屈強な騎士団でも魔王に傷一つ与えることが出来ず、騎士団は壊滅してしまいます。
騎士団で生き残る事が出来たのは、アストリアと親友であるハーフエルフの「ウィゼル」の二人だけでした。

人々は再び絶望の淵に突き落とされました。
騎士団の力をもってしても魔王にはかなわなかった。
我々は死ぬまで魔王の奴隷として生きるしかないのか、と。

しかしアストリアは諦めていませんでした。
彼はウィゼルと共に魔王を倒すための力を求め旅に出ました。
そして旅先で出会った「金の魔女」と名乗る謎の女性に導かれ、人間界とは別の世界である「精霊界」へと達するのです。

エルフが住まう「精霊界」においても魔王軍の侵攻は始まっていました。
魔王軍はエルフの里の長老の孫娘「メルティナ」を人質とし、里の者達に魔王の傘下となるよう迫っていたのです。
話を聞いたアストリア達はすぐさま魔王軍の拠点を襲撃し、メルティナを救い出すことに成功しました。
エルフ達は人間の勇者に大変感謝しました。
そして彼らの旅の目的を知ると優れた魔術師であったメルティナを彼らに同行させ、
魔王の魔法を封じる事が出来るという"封印の珠"を託したのです。

アストリア達は更に旅を続けます。
再び金の魔女の助けを借りた彼らは苦難の末に、
魔王を打ち滅ぼすとされる"光り輝く聖剣"を手にする事が出来たのでした。

これで準備は整った―――。
アストリアはウィゼル、メルティナ、金の魔女の三人と共に魔王エターナルに再び戦いを挑みます。
彼らは島の中心にそびえ立つ魔王城にて魔王の腹心たちを次々と撃破し、遂に魔王と相対します。

魔王エターナルは喜びに打ち震えていました。
『待っていたぞ。ようやく我が高みに達するものが現れた。』と。
魔王は自分と並び立つ強者とのギリギリの戦いを欲していたのです。
そのあまりに強すぎる力の為、自分に立ち向かう強者にこれまで恵まれなかった魔王にとって、
勇者との戦いは格別なものだったに違いありません。

戦いは熾烈を極め、三日三晩続いたと言われています。
そして―――。

封印の珠にて魔法を封じられ、光り輝く聖剣で心臓を貫かれた魔王は遂に地面に膝を突きます。
決定的な一撃。致命傷。滅びるのは時間の問題でした。

しかし。
それでも魔王は笑っていました。

魔王が人間界の支配に乗り出した理由。
それは『ただの退屈しのぎ』だったと言われています。
魔王には『永遠の命』の呪いがかけられていました。
他人に殺されでもしなければ、死ねない身体――。
永遠に続く退屈で無為な時間を過ごしていた魔王にとって、勇者との戦いの日々は相当刺激的なものだったのでしょう。
だから、魔王は笑ったのです。
初めて得た死の感覚に、心の底から満足していたから。

支配者である魔王が倒れたことで、魔王軍は魔界へと撤退していきました。
こうして希望の島に再び平和が訪れたのです。

島の住民たちはアストリアらを讃えました。
そして自分たちを救ってくれた勇者を国王として推挙し、人間の国を作ったのです。
王となったアストリアはやがてメルティナと結婚し、
ウィゼルの助けを借りて荒廃した島の復興に尽力したと言われています。

国の名前は「アストリア王国」。
偉大なる勇者の名前を受け継いだ、小さな島国の物語。
  1. 2014/06/24(火) 07:21:58|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

Hira@黒幕

Author:Hira@黒幕
黒幕亭劇場の管理人やってます。

こっそりRPGツクールで作品製作中。

最新記事

カテゴリ

あすなな (138)
Evalice'Saga (83)
ヘンネフェルト白書(仮称) (2)
ツクール素材/マップチップ (12)
ツクール素材/キャラチップ (29)
頂き物 (4)
読み物 (8)
耳コピ (3)
お絵描き (2)
紅白RPG合戦 (12)
三面記事 (117)
スポーツ (21)
気象・天文 (14)
雑記 (63)
未分類 (1)

最新コメント

Flashリバーシ

by Orfeon

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示