黒幕亭劇場 製作ブログ 「黒の巣」

どーでもいい事を書き連ねたり、自作フリーゲームの製作状況などを報告する落書き帳。

次回作・草案?

むかしむかし。
とある王国に邪竜が突如現れ、夜な夜な街を荒らして回りました。
困った国王は討伐部隊を差し向けますが、
空を自由に飛び回る邪竜相手に手も足も出ませんでした。

そこで国王は飛竜討伐の為、とある一族に助力を請いました。
それは幼き頃より飛竜と共に暮らし使役する竜使いの一族でした。

竜使いの一族と邪竜の戦いは熾烈を極めましたが、
彼らは長い戦いの末、その災厄を止めることに成功したのです。

されど邪竜は死の間際、自身を殺した竜使いの英雄に呪いの予言を残しました。

将来、お前の子孫の中に竜の刻印を持った者が現れる。
彼の者は人間にそぐわない強大な魔力を有し、やがて英雄となるであろう。
しかしその者はやがて己の力に食われ闇に落ち、一族を滅ぼすであろう、と。

戦後、竜使いの英雄に竜の刻印を持つ一人の赤子が生まれました。
彼は立派な竜使いとして国に仕えて領土を賜り、
敵国との数々の戦いで活躍し新たな英雄となりました。

けれど、邪竜の残した予言は当たってしまいます。
彼は己の力を過信して刻印の魔力の暴走を許し、遂に闇へと落ちたのです。
もはや人の心を失い、自らの飛竜と共に国中で破壊の限りを尽くすその姿は、
かつて国を滅ぼしかけた邪竜を彷彿させるものでした。

あれを放置する事は一族の名誉にかかわる―。

既に現役を退いていたかつての英雄は息子の不始末に決着をつける為、
まがまがしい"何か"に変貌してしまった息子と対峙する道を選びます。
そして激しい戦闘の末、遂に討ち滅ぼす事が出来たのでした。

血の繋がった息子を自らの手で殺さねばならなかった英雄は、
悲しみに明け暮れ己の運命を呪いました。
やがて病を得て己の死期を悟った英雄は、残った子孫に遺言を残します。

例えどんなに愛していたとしても。
一族に竜の刻印を持った者が現れた時は即座に始末せねばならない。
一時の感情に流され放置すれば、
いずれ大きな悲劇が一族に襲い来るであろう、と。



それから百周十年の月日が流れました。
大陸では戦争が何度も起こり、繁栄と衰退が繰り返されましたが
竜使いの一族が治める小国は時代の波に飲まれずに残っておりました。

けれど一族にかけられた呪いは今も尚、生きていたのです。

******************************************************************
…みたいな英雄譚を思いついたのでメモ。
まだ完成じゃありません、ここから肉付けしたり削ったり調整します。
これを元に色々世界観構築して行こうかなとか考えております。
もっとも、これを使うかどうかはまだ未知数ですが…。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/20(日) 23:12:59|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勇者と小さな島国の物語。(「あすなな」サイドストーリー)

むかしむかし。

西の国より新天地を求めて海に出た開拓者の一団がいました。
彼らは航海の末、豊かな自然に恵まれた小さな島を発見します。
人々はその島を「希望の島」と呼び、集落を作りました。
集落はやがて大きな町となって、母国との貿易を行い大いに栄えました。

ところが、そんな平和もある日突然終わりを迎えます。

ある夜の事。
島は突然現れた一人の魔王によって占領されてしまうのです。

「エターナル」。
それが魔王の名前でした。
魔王は恐るべき力を持っていました。
人間には扱えない「魔法」を操り、抵抗する住人達を力で屈服させました。
島の住人は奴隷も同然な扱いを受ける事となり、昼夜問わず魔王の為に働かされたと言われています。

知らせを受けた西の国の王は大変心を痛めました。
そして魔王を討伐する為、騎士団を希望の島に派遣する事に決めたのです。

騎士団を率いていたのは「アストリア」と呼ばれる若者でした。
彼は若いながらも剣術の才能に優れ、騎士団の中でも一目置かれる存在でした。
アストリアは島に到着すると、住民を開放するために魔王に戦いを挑みます。

ですが…。

魔王の力はあまりにも強大。
屈強な騎士団でも魔王に傷一つ与えることが出来ず、騎士団は壊滅してしまいます。
騎士団で生き残る事が出来たのは、アストリアと親友であるハーフエルフの「ウィゼル」の二人だけでした。

人々は再び絶望の淵に突き落とされました。
騎士団の力をもってしても魔王にはかなわなかった。
我々は死ぬまで魔王の奴隷として生きるしかないのか、と。

しかしアストリアは諦めていませんでした。
彼はウィゼルと共に魔王を倒すための力を求め旅に出ました。
そして旅先で出会った「金の魔女」と名乗る謎の女性に導かれ、人間界とは別の世界である「精霊界」へと達するのです。

エルフが住まう「精霊界」においても魔王軍の侵攻は始まっていました。
魔王軍はエルフの里の長老の孫娘「メルティナ」を人質とし、里の者達に魔王の傘下となるよう迫っていたのです。
話を聞いたアストリア達はすぐさま魔王軍の拠点を襲撃し、メルティナを救い出すことに成功しました。
エルフ達は人間の勇者に大変感謝しました。
そして彼らの旅の目的を知ると優れた魔術師であったメルティナを彼らに同行させ、
魔王の魔法を封じる事が出来るという"封印の珠"を託したのです。

アストリア達は更に旅を続けます。
再び金の魔女の助けを借りた彼らは苦難の末に、
魔王を打ち滅ぼすとされる"光り輝く聖剣"を手にする事が出来たのでした。

これで準備は整った―――。
アストリアはウィゼル、メルティナ、金の魔女の三人と共に魔王エターナルに再び戦いを挑みます。
彼らは島の中心にそびえ立つ魔王城にて魔王の腹心たちを次々と撃破し、遂に魔王と相対します。

魔王エターナルは喜びに打ち震えていました。
『待っていたぞ。ようやく我が高みに達するものが現れた。』と。
魔王は自分と並び立つ強者とのギリギリの戦いを欲していたのです。
そのあまりに強すぎる力の為、自分に立ち向かう強者にこれまで恵まれなかった魔王にとって、
勇者との戦いは格別なものだったに違いありません。

戦いは熾烈を極め、三日三晩続いたと言われています。
そして―――。

封印の珠にて魔法を封じられ、光り輝く聖剣で心臓を貫かれた魔王は遂に地面に膝を突きます。
決定的な一撃。致命傷。滅びるのは時間の問題でした。

しかし。
それでも魔王は笑っていました。

魔王が人間界の支配に乗り出した理由。
それは『ただの退屈しのぎ』だったと言われています。
魔王には『永遠の命』の呪いがかけられていました。
他人に殺されでもしなければ、死ねない身体――。
永遠に続く退屈で無為な時間を過ごしていた魔王にとって、勇者との戦いの日々は相当刺激的なものだったのでしょう。
だから、魔王は笑ったのです。
初めて得た死の感覚に、心の底から満足していたから。

支配者である魔王が倒れたことで、魔王軍は魔界へと撤退していきました。
こうして希望の島に再び平和が訪れたのです。

島の住民たちはアストリアらを讃えました。
そして自分たちを救ってくれた勇者を国王として推挙し、人間の国を作ったのです。
王となったアストリアはやがてメルティナと結婚し、
ウィゼルの助けを借りて荒廃した島の復興に尽力したと言われています。

国の名前は「アストリア王国」。
偉大なる勇者の名前を受け継いだ、小さな島国の物語。
  1. 2014/06/24(火) 07:21:58|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あすななでポン①

崩月ぐれんさんにあすななの4コマ漫画を頂きました!
感謝感謝ッ!

2013-01-17-1.jpg
▲クリックで拡大されます!

エルオーネさんの和菓子好きにはそんな理由が…。
作者の知らない設定が出てきて驚きデスw
アリアの母シルフィ&幼年エルオーネも出てくる過去編を現在製作中です!
エターならないように頑張ろう!

テーマ:RPGツクール - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/01/17(木) 23:36:06|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

忍城攻防戦。

日本の歴史小説を原作とした映画「のぼうの城」が本日公開されました。
http://gyao.yahoo.co.jp/special/nobou_movie/

実際にあった戦争のお話第二弾。今回はこの映画の舞台となった、戦国時代に発生した「小田原征伐」での戦いの一つ「忍城(おしじょう)攻防戦」を取り上げたいと思います。

今回もちょっと長いよ!
続きを読む
  1. 2012/11/02(金) 18:46:36|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湾岸戦争。

現在RPGツクールにて戦争モノの作品(あすなな)を作っていることもあり、現実世界で発生した戦争について参考にするために、発生状況や戦いの流れなんかを調べたりする事があります。そこで今回、ちょっと気になった戦争の一つ、1990年に発生した「湾岸戦争」についてまとめてみました。

「湾岸戦争」と言えば1990年8月2日、イラクが隣国クウェートに侵攻したのを機に国際連合が多国籍軍を派遣し、翌年1月17日にイラクを空爆した事で発生した戦争であります。世界史の授業なんかでも取り上げられる有名な戦争ですが…。ところで「どうしてイラクはクウェートに攻め入らなければならなかったのか」って知ってますか?

普通に考えれば隣国にいきなり攻め入ったりすれば、たちまち諸外国から非難を受ける事になります。今は戦争し放題だった中世とは違うんです、確実に経済制裁は受けるだろうしリスクが高すぎる。しかしそれでもイラクはクウェートを侵攻しなければならない理由があったんです。

長いので続くよ!
続きを読む
  1. 2012/10/16(火) 19:07:59|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

Hira@黒幕

Author:Hira@黒幕
黒幕亭劇場の管理人やってます。

こっそりRPGツクールで作品製作中。

最新記事

カテゴリ

あすなな (138)
Evalice'Saga (55)
ツクール素材/マップチップ (12)
ツクール素材/キャラチップ (28)
頂き物 (3)
読み物 (5)
耳コピ (3)
お絵描き (2)
紅白RPG合戦 (12)
三面記事 (117)
スポーツ (21)
気象・天文 (14)
雑記 (61)
未分類 (1)

最新コメント

Flashリバーシ

by Orfeon

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示