黒幕亭劇場 製作ブログ 「黒の巣」

どーでもいい事を書き連ねたり、自作フリーゲームの製作状況などを報告する落書き帳。

TOP記事みたいな。

公開中のげぇむ作品

あすななタイトル

あすなな -アストリア王国騎士団第七小隊-
・RPGツクール2000で公開中の王道ファンタジーRPGです。
・最新版動画はこちら(ニコニコ動画)
・特設ページ&ダウンロードはこちら
・公開サイトなど
 ・ふりーむ
 ・フリーゲーム夢現
 ・Vector
・受賞歴
 ・ニコニコ自作ゲームフェス5 敢闘賞(王道RPG賞)
 ・フリゲ2015 あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム 15位
 ・フリーゲーム大賞2015 13位

製作中のげぇむ作品

エヴァサガタイトル

Evalice'Saga (エヴァリース・サガ)
・有志数名による合作となります。
  ・プログラマさん(製作総括・プログラミング他)
  ・えいちあ~るさん(ドット関連・動画作成)
  ・memesoさん(ドット関連)
  ・音楽26さん(オリジナルBGM作成)
  ・BA-90さん(ドット関連他)
  ・Hira@黒幕(シナリオ担当・マップデザイン)
  ・他に月人さんよりオリジナル戦闘曲を提供して頂いてます
・現在鋭意作成中。
・公式ブログ http://blog.goo.ne.jp/evasaga
・製作ブログ こちら(管理人:えいちあ~るさん)
・最新版動画はこちら  
・体験版に関してはこちらの記事を参照。


ドット絵素材の利用について
ドット絵素材作るたびに利用規約書くのもアレなんで、まとめてみました。
特筆されていない素材に対しては以下の規約が適用されます。

<<基本ルール>>
・個別に注意点が書かれていない素材はツクール・ウディタ問わず利用できます。
※ツクールの所持など、使用制限があるものは記事に注釈をつけておきます。
「りーどみー」あたりに「黒幕亭劇場」or「Hira@黒幕」の名前を載せてください。
二次配布は絶対に禁止です。
・オリジナル素材の改変OK、ただし改変素材を公開する際は当サイトの素材を改変した旨を載せてください。
New!営利目的での使用も可能になりました。
 (具体的には同人活動、ニコニコ自作ゲームフェス等での使用など)
 ただし一部の素材については営利使用禁止のものが含まれる場合もあります。
 その場合は対象素材のページに注意書きを入れますのでご注意ください。
・利用報告は返事するのが面倒くさいので任意とします。
・代わりに拍手ボタンでもクリックしてもらえると励みになります!
※これに加え、改変素材などについては注意点が別途追加される事があります。

ドット絵素材一覧
○マップチップ素材
・VX系
 ・チップセット【現代1】【現代2
 ・小物セット【看板セット】【絵画セット】【音響機器+白物家電
・2000系
 ・チップセット【和風城郭】【和風料亭】【現代風リビング】【小型ジェット機
 ・小物セット【看板セット
○キャラチップ素材
・VX系
 ・黒幕亭不動産セット【現代建築1】【現代建築2】【中世店舗】【木造住宅】【屋台1】【屋台2
 ・乗り物(フィールド用)【飛行船】【戦艦
 ・乗り物(大型版)【複葉機】【軍用ヘリ】【路面電車
 ・小物1【ゲームセンター1】【ゲームセンター2】【テレビ】【テレビ(斜め)】【大型モニター
 ・小物2【PC+サーバー】【ノートPC(斜め)】【白物家電】【大砲】【掛け軸】【鳥かご】【転送装置
 ・小物3【カプセルトイ浴室用バスタブNew! 
・2000系
 ・版権物【FFXIキャラチップセット

 本館・黒幕亭劇場に戻る
スポンサーサイト

テーマ:RPGツクール - ジャンル:ゲーム

  1. 2030/01/01(火) 00:00:00|
  2. あすなな
  3. | トラックバック:0

グラウンド・ゼロ。

イメージ図・グラウンドゼロ

ラストダンジョン一歩手前。
巨大なクレーターの一部つーことで崖マップにしてみました。
FF5のオメガさん出てくるダンジョンを多少意識して組んでおります。
作中では猛吹雪でも起こすかなー。

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/11/21(火) 22:49:40|
  2. Evalice'Saga
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釘。

草むらに倒れてた壊れた木造のパーテーションを踏んだら釘が飛び出していたらしく、
靴底貫通して右足裏中央部にグサリとやってしまいました。
破傷風が怖いので病院に行って処置して貰ったら、
足裏に麻酔注射(これがかなり痛い)&メス切除(こっちも地獄)を受ける羽目に。
腕なら全然平気だけど慣れてない箇所の注射って本当に痛いです。

しばらく病院通いで痛みと戦う事になりそうです、参った…。
  1. 2017/11/13(月) 10:22:04|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青の深淵。

DNZC7zCVAAMgXem.jpg

メインイベントの一つ、水の四公編です。
テキストの完成度は80%くらいですが、実装を開始しました。
なかなかどす黒い内容となっております。
終盤で選択肢を用意しているのですが…プレイヤーが本気で悩むようなものにしたいです。
「違った未来」を思い描くのが苦手なので、あんまり選択肢やりたくないんですけどね…。

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/10/31(火) 00:18:41|
  2. Evalice'Saga
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EvaliceSaga/50年前ノ記憶②

「お願いします!助けて下さい!
 妹が、妹が高熱で苦しんでいるんです!!」
「ええい、うるさい!
 小汚いガキめ、さっさと失せろ!!」

貴族風の男は、足にしがみついてきた奴隷の少年を無造作に蹴り飛ばした。
それでも少年は諦めない。
泣きじゃくりながら、必死に周囲を歩く身なりの良い貴族達に訴え続けていた。

「お願いします、妹に薬が必要なんです!
 そのお金がどうしてもいるんです!
 どうかお恵みを!」

南の王国ハルタミア、その王都カナン。
大陸の南方に位置する、国土の大半を砂漠に覆われたしゃく熱の大地である。
この国には建国より続く階級制度が存在している。
王家の血を引く貴族は貴族街に住み、国中から集められた富を独占して贅沢な暮らしを続けている。
一方で国外より流れ着いた者や人買いに売られて来た者達は奴隷とされ、
王都東の貧民街に押し込まれて、貴族たちの手足となりひどい扱いを受け続けて来たのである。

少年イヴァンもまた、そうした奴隷の一人であった。
この国において、奴隷にまともな人権などあろうはずもない。
雇い主よりその日をやっと暮らせるだけの安い賃金しか得られない彼にとって、
重病に侵された唯一の肉親たる妹の薬代を用意するのは、簡単な話では無かったのだ。

しかし…。

「貴様…どこの家の奴隷だ?
 まだ自分の立場が分かっていないようだな?
 いいか、良く聞け。
 奴隷が何人死のうが、わしらには関係ないのだ。
 わかるか?
 貴様たちはこの王国の部品なのだ、壊れた部品は取り換えればよい、それだけの事よ。」

そう言い放つと、貴族の男は悠々とその場を去っていく。
周囲にいた人々も、汚いものでも見るかのような冷たい視線を彼に向け、背を向けた。
イヴァンの必死の訴えに、貴族達は誰も耳を貸すことは無かったのである。

そして。
彼の幼い妹ミーアは、熱病に苦しみながらわずか七年の生涯を閉じたのであった。


どれだけ泣いたかわからない。
どれだけ叫んだかわからない。
イヴァンは王都を一人飛び出し、気が付けば宵闇に包まれた広大な砂漠の真ん中で倒れ伏していた。
砂漠は魔物の住処であり非常に危険である。そんな事は重々承知していた。
しかし、彼にとってそんな事は既にどうでも良かった。
もはや生きる意味など何もないのだから。

周囲に魔物の気配を感じる。
唸り声もだんだん大きくなってきた。

「は……はは……
 ゴミクズの僕の最期にはぴったりじゃないか。
 ミーア、僕も今そっちに行くよ…。」

少年はそうつぶやくと静かに目を閉じた。
だが…。

「無事か、小僧。」

全身鎧を着込んだ男性に揺り起こされ、イヴァンは目を開けた。
周囲には魔物の死骸が大量に転がっている。
恐らくこの男がやったのであろう。

「どうして……。
 どうして助けたんだ、僕は死にたかったのに…。」
「うん?何故そんな事を考える?
 お前はまだ若い、人生を諦めるには早すぎるだろう?」

兜を目深にかぶった男の表情をうかがい知る事は出来ない。
しかしその落ち着いた言葉の端々から、彼を本気で心配している様子が感じ取れる。
この男は悪い人間ではないのだろう。
けれど…。

―何も知らないくせに―

少年は心の内より沸々と湧き上がるどす黒い怒りを、
この空気を読まない鎧男に遠慮なくぶつけた。

「僕は奴隷だ!
 妹も病気で死んだ!
 貴族共は誰も助けてくれなかった!
 もう夢も希望も有りはしないんだ!

 だから……!
 だから僕は、もう……!」
「……もったいないな。」
「えっ?」

予想外の男の反応に少年は戸惑った。

イヴァンとディー

「もったい、ない?」
「ああ。
 悔しい想いをしたんだろう?
 貴族共を見返してやりたいとは思わないのか?」
「それは……。」
「せっかくこの世に生を受けたのに、人生を諦めるのはもったいないぞ。」

そう言うと、男は少年に手を差し伸べて来た。

「俺の名はディートハルト。
 世界最強の傭兵を目指して宛のない旅を続けてる。

 行く所が無いならついて来い。
 お前にも、夢を見せてやる。」

何を言っているんだ、この男は。
夢を見せてやる?
どういう意味だろう?

でも……。
これでわずかでも現状が変わるのだとしたら…。


少年は涙をぬぐい、男の手を力強く握りしめた。


挿絵/memeso  文/Hira@黒幕

テーマ:フリーゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/10/25(水) 02:09:47|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

Hira@黒幕

Author:Hira@黒幕
黒幕亭劇場の管理人やってます。

こっそりRPGツクールで作品製作中。

最新記事

カテゴリ

あすなな (138)
Evalice'Saga (61)
ツクール素材/マップチップ (12)
ツクール素材/キャラチップ (28)
頂き物 (3)
読み物 (7)
耳コピ (3)
お絵描き (2)
紅白RPG合戦 (12)
三面記事 (117)
スポーツ (21)
気象・天文 (14)
雑記 (62)
未分類 (1)

最新コメント

Flashリバーシ

by Orfeon

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示